ファイナンシャルプランナーの仕事とは?資格の取得方法と難易度

ファイナンシャルプランナーは、顧客のライフプランをお金の面で分析し、アドバイスをするプロフェッショナルです。ファイナンシャルプランナーの資格は「ファイナンシャルプランニング技能士」という国家資格のほか、民間団体が認定する資格もあります。この記事では、FPの資格取得方法や、その難易度についてご紹介します。

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、主として個人の顧客のために、ライフイベントを念頭に置いた資産設計や提案をするプロフェッショナルです。生命保険や年金、住宅ローン、税金、資産運用、相続といった分野の知識を活かして、顧客の現状を考慮しつつ、将来についてアドバイスを行います。

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーは、顧客の人生設計を実現するため、ライフイベントを考慮した資産設計、提案を行う仕事を行う人。日本では国家資格として「1級FP技能士」「2級FP技能士」「3級FP技能士」があるほか、民間の資格として「AFP」「CFP」という資格があります。「FP技能士」の国家資格の入り口は3級で、2級、1級という順にレベルが上がりますが、認定講座を受講、修了して2級から受験する人が多いようです。民間資格のAFPとCFPは、どちらも日本FP協会が認定する資格ですが、AFPは2級FP技能士の受験資格という意味合いが濃いことが特徴です。同様にCFPは、1級FP技能士の受験資格を得るために必要な資格ですが、こちらは北米やヨーロッパなどでも認められているグローバルスタンダードのFP資格です。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの仕事は、顧客の持つ悩みに応じて、まずは顧客の資産状況を分析して、今後のライフイベントを考慮に入れた資金計画を立てます。この資金計画を基本として、今後の資産形成に関する提案や相談を行います。人生にはさまざまなイベントがあります。結婚、出産、老後のこと…そんな人生の中でも、私たちは夢を持ち、実現しようと漠然と努力はしていますが、実際は月の収支がマイナスだったり、貯蓄もままならない状態だったりすることは珍しくありません。そんな悩みの相談に乗り、家計を改善し、将来のプランニングの手助けをするのがファイナンシャルプランナーの仕事です。お金に関しては、漠然と不安に思っているだけでは状況は好転しません。ましてや私たち素人に将来のお金のことまで見通す能力はありません。ファイナンシャルプランナーは、第三者であり、お金のプロフェッショナルです。客観的に顧客の財務状況を分析し、将来へ向けてのアドバイスを送る。これがもっとも基本的なファイナンシャルプランナーの仕事です。

ファイナンシャルプランナーが仕事している場所

ファイナンシャルプランナーには、大きく分けて2種類のスタイルがあります。一つは独立して働いているファイナンシャルプランナー。もう一つは、企業に所属して働いているファイナンシャルプランナーです。
独立して働いているファイナンシャルプランナーは、個人顧客の相談など、基本的なファイナンシャルプランナーとしての仕事もこなしますが、中には講演会や執筆活動などで生計を立てている方もいます。ただ、独立して働くファイナンシャルプランナーは少数派です。ファイナンシャルプランナーの多くは、企業に所属して働いています。
企業で働くファイナンシャルプランナーは、主に銀行や証券会社、保険会社など「金融分野」でアドバイザーやセールスなどの役割を担っています。しかし、ファイナンシャルプランナーは、ライフプランニングに関する幅広い知識を持つことから、さまざまな分野から求められていて、たとえば「不動産分野」での活躍も目立ちます。ファイナンシャルプランナーは、資産運用や住宅ローンなどのエリアにも明るいため、最近ではさまざまな企業でアドバイザー的な役割を務めています。

ファイナンシャルプランナーとして仕事をするために

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ここからはファイナンシャルプランナーとして働くための方法をご紹介します。ファイナンシャルプランナーの仕事は、過去に存在していた民間資格や、類似する資格が多くあるため、必ずしも特定の資格を保有しなくてもできる仕事ではありますが、現在、ファイナンシャルプランナーを名乗る人のほとんどが、国家資格である「ファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)」の資格を保有しています。そのため、ファイナンシャルプランナーとして働くことを目指すなら、まずこの資格を得ることを目標にするべきでしょう。

ファイナンシャルプランナーになる方法

ファイナンシャルプランナーになるには、まずはFP技能士を目指しましょう。一般的に、ファイナンシャルプランナーの実務に活かせる資格とされているのは「2級FP技能士」です。この2級FP技能士の資格を取得し、金融や不動産などの企業で実務経験を積みながら、専門分野を確立していくといいでしょう。

ファイナンシャルプランナーになる難易度

FP技能士の資格試験は、3級なら独学でも十分に突破することが可能だと言われています。ファイナンシャルプランニングに関する基礎的な内容が中心なので、受験者の6割から8割程度が合格します。この数字から考えても、3級FP技能士の試験は、比較的かんたんだと言えるでしょう。
しかし、一般的に実務に役立つとされる2級FP技能士の検定試験はかんたんではありません。合格率は受験者の3割から4割程度まで下がります。ただ、独学で突破が不可能かというとそんなことはありません。
1級FP技能士は難関です。2級FP技能士の資格を持ち、実務を積んだものだけが受けられる検定になりますが、それでも合格率は受験者の1割程度です。

ファイナンシャルプランナーを目指すなら通信講座がおすすめ

ファイナンシャルプランナーを目指す場合、実は「学び」の選択肢は豊富です。資格専門学校などでは、通学型の講座も開かれていて、費用は20万円程度です。また、通信講座も多くあるので、忙しい人にはこちらがおすすめです。費用もほとんどの場合、10万円もあれば十分です。ただ、通信講座の場合は、教材の内容も大切ですが、サポートの質をより重視して選ぶことをおすすめします。
学習の時間を十分にとれるという方は通学型の講座をとってもいいのですが、資格の性格上、すでに社会人として働いている方が目指すことの多い資格なので、空き時間を使って学習ができる通信講座のほうが多くの方々のニーズに合っているのではないでしょうか。

ECCビジネススクールのFP通信講座

ECCビジネススクールのFP通信講座は、通信講座でありながら、2級FP技能士の検定に合格するまで、プロの専属講師に何度でも質問や相談することができる充実したサポート態勢を売りにしています。受講開始から4ヶ月以内に7割が合格していて、早期のFP資格取得を目指す方には最適な通信講座です。ECCビジネススクールのFP通信講座なら、理解できずに悩む必要はありません。わからなければ質問すればいいのです。実際、短い受講期間で合格する受講生は、サポートの利用回数が多いという「実績」があります。国家資格である2級FP技能士の試験は、それほどかんたんな試験ではないので、誰でも必ず壁にぶつかります。そんなときに回数無制限でサポートを利用できるからこそ、すぐに理解できるようになるのです。
ファイナンシャルプランナーを目指すなら、このECCビジネススクールの通信講座のような、サポートの充実した日本FP協会認定講座がおすすめです。